Go to Contents Go to Navigation

南北首脳のホットライン通話 韓米首脳会談以降か

記事一覧 2018.05.20 14:38

【ソウル聯合ニュース】南北首脳間に設置されたホットライン(直通電話)を使った文在寅(ムン・ジェイン)大統領と北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長(朝鮮労働党委員長)の初めての通話は、米ワシントンで22日(米東部時間)に開かれる韓米首脳会談以降になる可能性が高まった。

文大統領(左)と金委員長によるホットラインでの初通話はまだ実現していない(コラージュ)=(聯合ニュース)

 韓国青瓦台(大統領府)高官は20日、聯合ニュースの取材に対し、南北首脳の初通話について「文大統領の訪米前に行うことはないだろう」との見方を示した。

 文大統領が21日に米国に出発することや、北朝鮮がこのところ韓国に対して強硬な態度に出ていることから、現時点で通話を行っても実益を得るのは難しいとの判断とみられる。

 南北首脳間のホットラインは4月27日の南北首脳会談に先立つ同20日に開通したが、まだ両首脳による通話は行われていない。

 北朝鮮は今月16日に予定されていた南北閣僚級会談を北朝鮮が韓米空軍の合同軍事演習を理由に一方的に取りやめたほか、2016年に中国内の北朝鮮レストランから韓国に集団亡命した女性従業員らの送還を要求するなど、韓国に対して揺さぶりを続けている。このため首脳間の通話に対する慎重論も出ている。

 これらの状況から初通話は韓米首脳会談以降になる見通しだ。文大統領とトランプ大統領は2人だけの会談も予定しており、青瓦台関係者は「韓米首脳で交わした内容を(ホットラインで)金委員長に伝えるのではないか」との見方を示した。

ikasumi@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。