Go to Contents Go to Navigation

「ナッツ姫」が家政婦違法雇用容疑で出頭 「物議醸し申し訳ない」

記事一覧 2018.05.24 14:15

【ソウル聯合ニュース】大韓航空を中核とする財閥、韓進グループの趙亮鎬(チョ・ヤンホ)会長の長女で大韓航空元副社長の趙顕娥(チョ・ヒョンア)氏(43)が24日、外国人家政婦を違法に雇用した容疑について取り調べを受けるためソウル出入国外国人庁に出頭した。

出頭し頭を下げる趙顕娥氏=24日、ソウル(聯合ニュース)

 趙顕娥氏は午後1時前に水色のシャツにカーディガン姿で出頭。集まった報道陣を前に「物議を醸し申し訳ない」と頭を下げた。心境を問う質問には「申し訳ありません」とだけ答え、うつむいたまま取調室に向かった。

 趙氏は母親の李明姫(イ・ミョンヒ)一宇財団理事長と共に、フィリピン人を大韓航空の研修生と偽って入国させ、家政婦として雇用した疑いが持たれている。

 趙氏は、2014年12月に自社旅客機内で客室乗務員のナッツの出し方に怒って滑走路に向かっていた機体を引き返させたいわゆる「ナッツ・リターン事件」以来、約3年半ぶりに捜査機関に出頭することになった。

ynhrm@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。