Go to Contents Go to Navigation

北朝鮮が核実験場廃棄を報道 「平和愛好的な立場の表れ」

記事一覧 2018.05.25 10:37

【ソウル聯合ニュース】北朝鮮の朝鮮中央通信は25日、北東部・豊渓里の核実験場を「完全に廃棄する儀式が24日に行われた」と報じ、手順を伝えるとともに現場の写真を公開した。また、核実験場の廃棄は「核兵器なき世界の建設に積極的に貢献しようとする共和国(北朝鮮)政府の確固不動たる平和愛好的な立場の明白な表れだ」と強調した。

核実験場の坑道爆破を取材する韓米などのメディア=25日、豊渓里(朝鮮中央通信=聯合ニュース)

 同通信は、北朝鮮が招いた韓米など5カ国の記者団が「過去に核実験を実施した坑道、威力のある核実験を即時に安全に断行する準備ができている坑道、そして観測所を見て回った」と伝えた。

 廃棄の手順については「核実験場の全ての坑道を爆破によって崩落させ、入り口を閉鎖し、観測所をはじめとする地上の構造物を全て爆破する作業が透明性をもって順次行われた」と説明した。作業完了後に現地で北朝鮮の核兵器研究所が声明を発表したとも伝えた。

 また、核実験場を廃棄するという朝鮮労働党中央委員会総会(4月20日)の決定が発表された後、「核兵器研究所をはじめとする関連機関は、核実験に関連した全ての準備と工事を即時中止し、段階別に廃棄の作業を実施してきた」と明らかにした。

 同通信の報道には、核実験場の廃棄に関する技術的詳細について、前日24日の外国記者団の報道や核兵器研究所の声明以上の内容はなかった。

 ただ、「威力のある核実験を即時に安全に断行する準備ができている坑道」「核実験に関連した全ての準備と工事を即時中止」などと伝えたのは、新たな核実験の実施が可能な状況だったことを強調する意図があるとみられる。

 北朝鮮は24日に発表した核兵器研究所の声明でも「核実験場の廃棄を通じ、朝鮮半島や世界の平和と安定のための共和国政府の主動的で平和愛好的な努力があらためて明白に確証された」としていた。

tnak51@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。