Go to Contents Go to Navigation

朝米首脳会談中止 韓国記者団支援の北朝鮮要員も関心示す

記事一覧 2018.05.25 14:51

【元山(共同取材団)、ソウル聯合ニュース】北朝鮮北東部・豊渓里の核実験場廃棄の式典を取材するため訪朝した韓国記者団をサポートする北朝鮮の関係者らも、トランプ米大統領による朝米(米朝)首脳会談中止の発表に関心を示した。

元山のホテルにあるプレスセンターでパソコンを広げる韓国記者団(写真共同取材団)=(聯合ニュース)

 24日に行われた廃棄式典の取材を終え、25日に東部・元山のホテルに戻った韓国記者団がノートパソコンを立ち上げ、朝米会談中止を伝える記事を読み始めると、北朝鮮の関係者らも集まってきて一緒にモニターをのぞき込んだ。

 また、豊渓里から元山に戻る途中、韓国の記者が「朝鮮半島に戦争がなければいい」と言うと、北朝鮮の関係者は朝米会談の中止を念頭に置いてか、「ひとまずホテルに戻ればこの間に起きた状況が分かるだろう」と応じた。

 一方、北朝鮮は核実験場廃棄の取材のため招いた韓国を含む5カ国の記者団が携帯電話を使えるようにしていたため、韓国の記者は24日に豊渓里から元山に戻る列車内で国際電話をかけ、豊渓里の坑道が爆破されたことをソウルに伝えることができた。

 韓国記者団8人は23日に政府機の直行便で訪朝した。26日午前に帰国の途に就く。

北朝鮮が核実験場を廃棄 坑道爆破(5月25日)
韓国記者団 北朝鮮に到着
核実験場を廃棄
爆破される核実験場
核実験場の廃棄手順を説明

tnak51@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。