Go to Contents Go to Navigation

南北首脳 北朝鮮施設で電撃会談=文大統領「新しい時代」

記事一覧 2018.05.27 16:28

【ソウル聯合ニュース】韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は26日に行った北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長(朝鮮労働党委員長)との会談で、「共に南北の平和のため、協力することを望む。そのためにも朝米(米朝)首脳会談を必ず成功させなければならない」と述べた。韓国青瓦台(大統領府)が27日、会談の映像を公開した。

会談後、抱き合う文大統領(右)と金委員長(青瓦台提供)=26日、板門店(聯合ニュース)

 両首脳は26日午後3時から2時間にわたり板門店の北朝鮮側施設「統一閣」で2回目の首脳会談を行った。

 文大統領は「(1回目の)会談後、南北関係においてもやや困難があったが、朝米首脳会談など非常に重要な会談を控え協力する姿を見せるためにも、今日の会談は意義深い」との考えを示した。

 また、「私は秋に平壌に行くと約束をした。そのときに平壌で厚いおもてなしを受けることも大きな意味があるが、こうやって両首脳が板門店の北側で電撃的に会談したことも南北の新しい時代が開かれたためだと思う」と表明。「金委員長は韓国でもとても人気が高まったし、期待も大きくなった」とし、「南北の若者は南北関係に(大きく期待している)。今後も南北関係をうまく生かしていきたいと思う」と述べた。

南北首脳 板門店で2度目の会談開催(5月27日)
2回目の南北首脳会談
正恩氏妹が出迎え
文大統領 南北首脳会談の結果発表

kimchiboxs@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。