Go to Contents Go to Navigation

チョコパイの縁つなぐ ロッテが南北経済協力事業を準備

記事一覧 2018.05.29 09:38

【ソウル聯合ニュース】4月27日の南北首脳会談を機に韓国で南北経済協力に対する期待が広がる中、財閥大手のロッテグループが北朝鮮向け事業の準備に着手したことが分かった。

ロッテグループのシンボル、ソウル・蚕室のロッテワールドタワー(資料写真)=(聯合ニュース)

 同グループは南北首脳会談を前後して事業の準備に入り、現在はロッテ持ち株会社を中心に、食品や流通などの傘下企業が事業計画を話し合っている。特別作業チームの設置も検討中だ。

 事業を本格化する場合、まずは製菓、飲料分野での進出が有望と見込む。収益性の追求だけでなく、国際機関などを介した北朝鮮への人道的な支援も検討している。

 ロッテは1995年に、グループ内に北朝鮮事業の推進本部を設立。北朝鮮で主力菓子「チョコパイ」とミネラルウオーターを現地生産しようとした。北朝鮮の朝鮮烽火総会社との合弁で、平壌市楽浪区域に2300万ドル(約25億円)を投じ工場を新設する案もあった。北朝鮮進出に向け、ロッテ製菓は98年に韓国政府から南北経済協力事業者の承認を受けている。

 しかしその後、政治的な要因により南北関係が冷え込み、工場の設立には至らず、事業は中断した。

 一方でロッテは、南北経済協力事業の開城工業団地にチョコパイを供給してきた。2008年6月から14年末まで、月平均2億~3億ウォン(約2000万~3000万円)相当を供給した。多くの北朝鮮労働者が働いていた同工業団地には、ロッテ以外にもオリオンや、ヘテ、クラウンなどの製菓大手が似たようなチョコ菓子を供給したが、いち早く乗り出したロッテのシェアが90%以上を占めたとされる。この期間にロッテが供給したチョコパイは計123万箱、122億ウォンに上った。

韓国から望む開城工業団地。北朝鮮南部に位置する(資料写真)=(聯合ニュース)

 北朝鮮による核・ミサイル挑発に対する韓国政府の制裁措置として2016年に開城工業団地の操業が中断されると、チョコパイの供給はストップし、ロッテの北朝鮮とのつながりは断たれた。だが最近、南北経済協力を推し進めようというムードが盛り上がり始め、ロッテは北朝鮮事業に再び意欲を燃やしているようだ。

 同グループは事業を再推進する場合、北朝鮮の道路や電気、鉄道、物流などインフラが鍵になるとみている。かつて工場新設を推進した際は、インフラの未整備を理由に平壌以外の地域をまったく検討しなかった。それから約20年を経て、インフラ整備がどれほど進んだかを確認する必要がある。

 ロッテグループの幹部は29日、聯合ニュースの電話取材に「過去に事業を推進した経験があるため、積極的に準備する。食品分野から進出できるのではないだろうか」と述べた。

mgk1202@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。