Go to Contents Go to Navigation

韓中日の生物多様性政策対話 ソウルで30日から

記事一覧 2018.05.29 14:18

【世宗聯合ニュース】韓国環境部は29日、韓中日生物多様性政策対話が30日から来月1日までソウルで開かれると発表した。

 政策対話は、2012年の第14回韓中日環境相会合(TEMM14)で、3カ国の自然生態系分野の協力を図るため韓国が開催を提案。翌13年に第1回会議が開かれた。

 5回目となる今回は環境部、中国の生態環境省、日本の環境省の職員や専門家ら約20人が出席する。

 会議ではヒアリやツマアカスズメバチなどの外来種管理のための協力策、20年以降の生物多様性に関する新たな目標や履行体系への対応に向けた各国の政策の現況などについて意見を交換する。

hjc@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。