Go to Contents Go to Navigation

北朝鮮高官と接触の可能性 中国外務省は回答避ける

記事一覧 2018.05.29 18:20

【北京聯合ニュース】中国外務省は29日、米国に向かうため経由地の北京に到着した北朝鮮の金英哲(キム・ヨンチョル)朝鮮労働党副委員長兼統一戦線部長が訪米前に中国側と会合するかについて、回答を避けた。

中国外務省の華春瑩副報道局長(中国外務省提供)=(聯合ニュース)

 中国外務省の華春瑩副報道局長はこの日の定例会見で、金氏が訪米する前に中国側と北京で会合するかと聯合ニュースの記者に問われ、「それについては提供する情報がない」と述べた。また金氏とされる北朝鮮の要人についても「教える情報がない」とし、金氏であると明言しなかった。

 中国政府は朝米(米朝)首脳会談とその後に続く朝鮮半島の平和体制構築において中国の影響力が低下することを防ぐため、金氏が訪米してポンペオ米国務長官と会談する前に北朝鮮の思惑を探る可能性があるとの見方も出ている。

 ある消息筋は「現時点では金英哲副委員長が北京で中国側と公式協議はしないように思われるが、党と党の交流の形式で会う可能性もある」との見方を示した。

 金氏はこの日午前、北京国際空港に到着した。30日午後1時発のニューヨーク行き便の乗客名簿に名前が入っており、米国でポンペオ国務長官と朝米首脳会談に向けた詰めの協議を行うとみられている。

yugiri@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。