Go to Contents Go to Navigation

韓国・LG化学 日本で関節リウマチ薬のバイオ後続品発売

記事一覧 2018.05.30 13:50

【ソウル聯合ニュース】韓国のLG化学は30日、米ファイザーが販売する関節リウマチ治療薬「エンブレル」のバイオ後続品(バイオシミラー)「エタネルセプトBS 『MA』」を日本で発売したと発表した。

LG化学の研究員(同社提供)=(聯合ニュース)

 主成分をエタネルセプトとする同製品は、今年1月に日本初のエンブレルのバイオ後続品として製造販売承認を受けた。現在、日本で販売されているエンブレルのバイオ後続品はLG化学の製品が唯一だ。

 LG化学は2012年に日本の持田製薬と共同研究開発(R&D)・販売契約を結び、日本市場参入を準備してきた。LG化学が韓国の工場で同製品の完成品を生産して日本に供給し、持田製薬と提携するあゆみ製薬が販売を手掛ける。

 LG化学の担当者は「品質の高い製品を供給し、関節リウマチ患者の生活の質向上に寄与したい」とコメントしている。

tnak51@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。