Go to Contents Go to Navigation

南北経済協力の本格化に対応を 文大統領

記事一覧 2018.05.31 17:00

【ソウル聯合ニュース】韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は31日、国家財政戦略会議を開き、「南北・朝米(米朝)関係が改善し、朝鮮半島に平和が定着すれば、経済に大きな変化が訪れると思う」として、「南北経済協力の本格化に備え、『朝鮮半島新経済地図』を後押しするための財政の役割や準備についてあらかじめ検討する必要がある」と述べた。

青瓦台(大統領府)で開かれた国家財政戦略会議で発言する文大統領(右から2人目)=31日、ソウル(聯合ニュース)

 一方、所得格差の問題について、「雇用労働者の労働所得は全般的に増加し、なかでも低賃金労働者の所得が伸びて個人労働所得の不平等が改善したが、雇用から締め出された貧困層の所得は下落した」と指摘。「労働者以外の世帯の所得減少が所得格差の重要原因になった」と説明した。

 その上で、「雇用労働者や中間層の所得増加は最低賃金引き上げのプラス効果」とし、「最低賃金引き上げを決めた際、期待していた効果が出ている」と評価した。

 韓国政府は今年の最低賃金を時給7530ウォン(約760円)に決め、昨年の6470ウォンに比べ16.4%引き上げた。ただ、人件費が増加したため、零細業者などがアルバイトの雇用を減らすなどの副作用が出ているとの指摘もある。

 文大統領は「低賃金労働者の雇用が減ったり、労働時間が減ったりして所得が減少する可能性がある場合、最低賃金引き上げの副作用であるため、対策を講じなければならない」と強調した。

kimchiboxs@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。