Go to Contents Go to Navigation

朝米協議「大きな進展あったが課題も」 正恩氏の決断必要=米国務長官

記事一覧 2018.06.01 03:54

【ニューヨーク聯合ニュース】ポンペオ米国務長官は31日(米東部時間)、ニューヨークで北朝鮮の金英哲(キム・ヨンチョル)朝鮮労働党副委員長兼統一戦線部長と会談後に記者会見し、朝米(米朝)首脳会談を巡り、「(交渉に)大きな進展があった」としながらも、「まだ多くの課題が残っている」と述べた。

会談で握手を交わす金氏(左)とポンペオ氏(ポンペオ氏のツイッターより)=(聯合ニュース)

 また、「米朝が合意をするためには金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長(朝鮮労働党委員長)の大胆な決断が必要で、今回の機会を逃すことは悲劇」とした。

 その上で、「金委員長はそのような決断を下せる指導者で、今後数週間か数カ月間、私たちはそれが行われるかを試す機会を持つ」と表明。朝米会談の開催については「まだ分からない」と強調した。

kimchiboxs@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。