Go to Contents Go to Navigation

北朝鮮高官がトランプ大統領と会談へ 金正恩委員長の親書伝達

記事一覧 2018.06.01 14:56

【ワシントン聯合ニュース】北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長(朝鮮労働党委員長)の側近、金英哲(キム・ヨンチョル)党副委員長兼統一戦線部長が1日午後(日本時間2日未明)、トランプ米大統領とワシントンのホワイトハウスで会談する。金正恩氏の親書をトランプ氏に渡し、前日の朝米(米朝)高官会談での議論事項に対する正恩氏の最終立場を伝えるとみられる。

ニューヨークでの会談で握手を交わす金英哲氏(左)とポンペオ氏(ポンペオ氏のツイッターより)=(聯合ニュース)

 ホワイトハウスが5月31日に公表したトランプ氏の6月1日のスケジュール表には金英哲氏との会談は記載されていない。トランプ氏は1日は外部での日程を終え午後0時15分にホワイトハウスに戻る予定で、金氏との会談はこれ以降になる見通しだ。

 金英哲氏は30、31両日、シンガポールでの朝米首脳会談の開催を巡りニューヨークでポンペオ米国務長官と協議した。ポンペオ氏は協議後の記者会見で、朝米会談に向け「実質的な進展があった」などと伝えた。

 金英哲氏は1日、ニューヨークから陸路でワシントンに向かうとみられる。

tnak51@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。