Go to Contents Go to Navigation

韓米日国防相 北朝鮮非核化へ連携確認

記事一覧 2018.06.03 14:51
韓米日国防相が握手

【シンガポール聯合ニュース】韓国の宋永武(ソン・ヨンム)国防部長官は2日、アジア安全保障会議(シャングリラ対話)が開催中のシンガポールで米国のマティス国防長官、日本の小野寺五典防衛相と会談し、12日に予定される朝米(米朝)首脳会談が朝鮮半島の安全保障問題や人道的な懸念事項の包括的な解決に寄与することを希望するとともに、3カ国の連携強化などを盛り込んだ共同報道文を発表した。

シンガポールで3日開かれた韓米日国防相会談で握手する(左から)宋長官、マティス長官、小野寺防衛相(国防部提供)=(聯合ニュース)

 3氏は2回にわたる南北首脳会談と会談で署名された「板門店宣言」を歓迎し、朝米首脳会談開催への環境づくりに貢献したと評価。北朝鮮が核実験と大陸間弾道ミサイル(ICBM)発射の中止を表明し、豊渓里の核実験場を廃棄したことも歓迎した。

 また、北朝鮮の「完全で検証可能かつ不可逆的な非核化」(CVID)に向け連携を維持するとともに、国連安全保障理事会の関連決議の履行も継続することで一致した。

 さらに、海上で積み荷を移し替えて北朝鮮に密輸する「瀬取り」防止に向けた国際社会の取り組みも歓迎した。

ikasumi@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。