Go to Contents Go to Navigation

徴用工像の強制撤去 「いかなる場合も法令は守るべき」=韓国首相

記事一覧 2018.06.05 14:31

徴用工像の強制撤去 「いかなる場合も法令は守るべき」=韓国首相

徴用工像の強制撤去に反発
徴用工像を取り囲む警察

【ソウル聯合ニュース】韓国の李洛淵(イ・ナクヨン)首相は5日の閣議で、市民団体が釜山の日本総領事館近くの歩道に日本による植民地時代に朝鮮半島から強制徴用された労働者を象徴する像を放置し、地元自治体が強制撤去したことについて、「手続きに反し、設置したことは違法」とし、「いかなる場合も法令は守らなければならない。それでこそ絶対多数の国民の生活が守られ、社会の秩序が維持される」と強調した。

釜山の徴用工像
政府ソウル庁舎で開かれた閣議で発言する李首相=5日、ソウル(聯合ニュース)
日本総領事館前に徴用労働者像を

 市民団体は当初、メーデーの5月1日に像を総領事館前に設置しようとしたが、警察に阻止され、像は総領事館付近の歩道に置かれたままとなっていた。歩道を管轄する釜山市東区は自主的な撤去を求めたが団体は応じず、同月31日に強制撤去した。現在は「国立日帝強制動員歴史館」で一時保管している。

kimchiboxs@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。