Go to Contents Go to Navigation

韓国 きょうのニュース(6月5日)

記事一覧 2018.06.05 18:00

◇朝米首脳会談まで1週間 声明は包括的内容か

 トランプ米大統領と北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長(朝鮮労働党委員長)が12日にシンガポールで実施する朝米(米朝)首脳会談で、両首脳は北朝鮮の「完全な非核化」に対する包括的合意のみを盛り込んだ声明を発表する可能性があると、米紙USAトゥデーが報じた。同紙は、朝米首脳が期待できるベストは北朝鮮核問題に関する包括的合意についての努力を約束する概括的声明であり、非核化への合意に関する詳細は今後に持ち越されると見通した。

金正恩氏(左)とトランプ氏(コラージュ)=(聯合ニュース)

◇顕忠日 あす大田顕忠院で式典

 国を守るため犠牲になった人々を追悼する「顕忠日」の式典が6日午前、中部の国立大田顕忠院で行われる。昨年までは国立墓地のソウル顕忠院で催されており、大田顕忠院で開かれるのは1999年以来19年ぶり。式には国家功労者とその遺族や市民ら約1万人が参列する。

◇失業や育児休暇時に教育ローン返済猶予 特別法改正へ

 教育部は、所得があった人でも育児休暇や廃業、失業により生活が困難な場合には教育ローンの返済が猶予されるようにした特別法施行令と施行規則の一部改正案を7日に告示すると明らかにした。「就業後償還学資金貸出」は、大学を卒業してから一定水準以上の所得を得た場合に元金を返済するローンだが、所得があっても基準(年収2013万ウォン=約200万円)より少ない場合には返済が猶予される。

◇銀行の不正採用問題 筆記試験を導入へ

 銀行連合会は、複数の銀行で確認された不正採用を受け、採用手続きの公正性強化のために筆記試験を行うことができるとするほか、不正合格者の発生による欠員を埋めるために補欠合格者を選ぶ内容を盛り込んだ「銀行圏採用手続模範規準」を来月11日までに制定・予告すると明らかにした。この規準は自主規制で法的拘束力を持たないが、銀行連合会の加盟19行は全て導入する予定だ。

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。