Go to Contents Go to Navigation

シンガポールで米と実務協議の正恩氏側近 北京到着=あす平壌へ?

記事一覧 2018.06.06 14:58

【東京、北京聯合ニュース】消息筋などによると、12日に朝米(米朝)首脳会談が開かれるシンガポールで会談の準備に当たっていた北朝鮮のキム・チャンソン国務委員会部長が6日午前、シンガポール発の航空便で中国・北京に到着した。

シンガポールを車で移動するキム・チャンソン氏=(聯合ニュース)

 北京国際空港を出たキム氏が向かった先は分かっていない。日本の共同通信は、米国と行ってきた実務交渉を終えてひとまず北朝鮮に戻り、金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長(朝鮮労働党委員長)に結果を報告する可能性があると報じた。平壌行きの北朝鮮・高麗航空便がない6日は北京に泊まり、7日午後の便で北朝鮮に戻るとみられる。

 キム・チャンソン氏は金正恩氏の側近で「執事」とも呼ばれる。北朝鮮実務チームの代表として5月28日にシンガポール入りし、ヘイギン大統領次席補佐官が率いる米国の実務チームと首脳会談の準備協議を行っていた。

tnak51@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。