Go to Contents Go to Navigation

ソウル市 経済的苦境の外国人患者に無償治療提供

記事一覧 2018.06.07 11:27

【ソウル聯合ニュース】ソウル市は7日、経済的な理由で治療を受けられずにいる外国人患者に対する医療事業を開始したと発表した。社会貢献を実践するとともに、医療技術のPRやソウル医療観光の活性化なども図る狙い。

ソウル市庁(右手前)=(聯合ニュース)

 事業はソウル観光財団とソウル所在の医療機関が合同で推進する。ソウル市は患者と保護者の滞在費と航空券を提供し、病院側は医療費を支援する。

 医療機関は61カ所を対象に公募を行い、漢陽大病院など3カ所を選定している。既に生後5カ月となるカザフスタン国籍の難病の子どもが先月、手術を受け帰国している。

 ソウル市は治療だけにとどまらず、患者の状況を踏まえ、ソウル観光や事後管理なども行う方式で事業を進めると説明した。

csi@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。