Go to Contents Go to Navigation

南北連絡事務所設置の韓国側推進団 あす開城団地視察

記事一覧 2018.06.07 19:03

【ソウル聯合ニュース】韓国統一部は7日、北朝鮮の開城工業団地に設置される南北共同連絡事務所の開設に向け、事前点検を行う韓国側推進団が8日に現地を訪問することで南北が合意したと発表した。

統一部(資料写真)=(聯合ニュース)

 推進団は千海成(チョン・ヘソン)統一部次官を団長とし、青瓦台(大統領府)や開城工業団地の開発事業権を持つ現代峨山、韓国通信大手のKTの関係者など14人で構成された。

 推進団は開城工業団地内にある南北交流協力協議事務所や宿舎、開城工業団地総合支援センターなどの施設を点検する予定だ。 

 統一部は「北側は現地点検時に北側関係者も参加し、必要な実務協議も進行できるとしている」と説明した。

 南北は1日に開かれた閣僚級会談で、「南北交流や協力を円満に保障するため」として、双方の当局者が常駐する連絡事務所を開城団地に設置することで合意。韓国側の事前点検団が15日までに訪朝することで一致した。

yugiri@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。