Go to Contents Go to Navigation

北メディア 正恩氏シンガポール訪問を報道「歴史的な朝米会談」

記事一覧 2018.06.11 09:19

【ソウル聯合ニュース】朝鮮中央通信をはじめとする北朝鮮メディアは11日、金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長(朝鮮労働党委員長)が米国との首脳会談に向け前日に平壌を出発し、シンガポール入りしたと報じた。朝米(米朝)首脳会談を「歴史的な初対面と会談」と強調した。

10日、中国機でシンガポールへ出発する金委員長=(朝鮮中央通信=聯合ニュース)

 中央通信は「金正恩同志は朝米首脳会談が開催されるシンガポールを訪問するため、10日午前に中国の専用機で平壌を出発した」とし、「最高領導(指導)者同志(金正恩氏)とドナルド・トランプ米合衆国大統領間の歴史的な初対面と会談が12日午前にシンガポールで行われることになる」と伝えた。

 同通信は会談の議題にも触れ、「朝米首脳会談では、変化した時代の求めにそぐう新たな朝米関係を樹立し朝鮮半島の恒久的で堅固な平和体制を構築するための問題、朝鮮半島の非核化を実現するための問題をはじめ、共通の関心事となる問題に対し幅広く突っ込んだ意見が交換される」と述べた。

 また、金委員長のシンガポール訪問に金英哲(キム・ヨンチョル)と李洙ヨン(リ・スヨン)の両党副委員長、李容浩(リ・ヨンホ)外相、努光鉄(ノ・グァンチョル)人民武力相(国防相に相当)、金委員長の妹の金与正(キム・ヨジョン)党第1副部長、崔善姫(チェ・ソンヒ)外務次官らが随行し、平壌の空港では見送りの式典が開かれたと伝えた。金永南(キム・ヨンナム)最高人民会議常任委員長ら要人の名前を挙げながら、「最高領導者同志が朝米両国間の初の首脳対面と会談で素晴らしい成果を得て無事に戻られるよう祈った」とした。

出発前、金永南氏(右)と握手を交わす金委員長=(朝鮮中央通信=聯合ニュース)

 中央通信はこの日、別の記事で、金委員長が10日午後3時(現地時間)にシンガポールに到着し、出迎えたシンガポール政府要人とあいさつを交わした後、宿泊先のホテル「セントレジス」に向かったと報じた。

 同通信は金委員長とシンガポールのリー・シェンロン首相の会談開催も伝えた。金委員長は朝米首脳会談に向けあらゆる便宜を提供したシンガポール政府の協力に深い謝意を示したという。

mgk1202@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。