Go to Contents Go to Navigation

正恩氏とトランプ氏の「歴史的会談」始まる

記事一覧 2018.06.12 10:06

【シンガポール聯合ニュース】北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長(朝鮮労働党委員長)とトランプ米大統領による史上初の朝米(米朝)首脳会談が12日午前9時(日本時間同10時)、シンガポール本島の南にあるセントーサ島のカペラホテルで始まった。

金委員長(左)とトランプ大統領(コラージュ)=(聯合ニュース)

 両氏は通訳だけを交えて会談した後、双方の高官を交えた拡大会合を行う。続いて、昼食会も開く。

 北朝鮮と米国の首脳が対面するのは1948年の南北分断後初めてで、不信や対立が続いてきた両国関係にも新しい転機が訪れるとみられる。

 会談の最大の焦点は、米国が求める「完全で検証可能かつ不可逆的な非核化」(CVID)と北朝鮮が求める体制保証となる。

 会談後は共同声明か、合意文が発表される見通しだ。

kimchiboxs@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。