Go to Contents Go to Navigation

正恩氏とトランプ氏 歴史的な合意文書に署名=非核化への第一歩に

記事一覧 2018.06.12 15:22

正恩氏とトランプ氏 歴史的な合意文書に署名=非核化への第一歩に

合意文書に署名

【シンガポール聯合ニュース】北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長(朝鮮労働党委員長)とトランプ米大統領は12日、シンガポール南部セントーサ島のカペラホテルで初の首脳会談を行い、朝鮮半島の非核化や関係正常化の目標を盛り込んだ合意文書に署名した。

散歩する朝米首脳
米朝会談 拡大会合始まる
合意文書に署名する金委員長(左)とトランプ大統領(ストレーツ・タイムズ紙HPより)=12日、シンガポール(聯合ニュース)

 トランプ大統領は署名式で「とてもうれしい」として、「この文書は非常に包括的だ。非常に良い関係を築けるだろう」と発言。「双方が満足できる結果」と強調した。

 金委員長は「われわれは歴史的な会談で新しい出発を知らせる歴史的な書名をすることになった」として、「世界は重大な変化を見ることになるだろう」と述べた。

膝詰め会談始まる

 双方は朝鮮半島や北東アジアの安全保障の大きな障害となってきた北朝鮮の核問題の解決に向けた交渉プロセスを約10年ぶりに再開し、朝鮮戦争後、約68年間続いてきた敵対関係を清算するための重要な一歩を踏み出した。

 双方は近く、合意文書を公開する予定だ。

kimchiboxs@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。