Go to Contents Go to Navigation

金正恩氏が会談会場からホテルに移動 帰国へ

記事一覧 2018.06.12 15:49

【シンガポール聯合ニュース】北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長(朝鮮労働党委員長)は12日午後2時(日本時間同3時)ごろ、朝米(米朝)首脳会談が開かれたシンガポール・セントーサ島のカペラホテルを出発し、宿泊先のセントレジスホテルへ移動した。

合意文書に署名した金正恩委員長(左)とトランプ大統領=12日、シンガポール(AFP=聯合ニュース)

 金委員長一行が移動を開始すると、セントレジスホテル周辺では規制線が張られ、交通規制を行う様子が確認された。

 トランプ米大統領と歴史的な首脳会談を行い、合意文書に署名した金委員長は、ホテルに戻り休息を取った後、平壌に戻ると予想される。

 金委員長がシンガポールへの移動に利用した中国国際航空の特別機ボーイング747は、この日午後1時54分(日本時間)、北京国際空港を離陸してシンガポールに向かったことが確認されている。

 同航空機はシンガポール・チャンギ空港に同日午後6~7時(現地時間)に到着すると予想され、金委員長はそれ以降に北朝鮮に向けて出発するとみられる。

ynhrm@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。