Go to Contents Go to Navigation

朝米 完全非核化など4項目で合意=共同文書にCVID明記なし

記事一覧 2018.06.12 17:06

【シンガポール聯合ニュース】北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長(朝鮮労働党委員長)とトランプ米大統領は12日にシンガポールで行った朝米(米朝)首脳会談で、完全な非核化、平和体制保証、朝米関係正常化の推進、朝鮮戦争戦死者の遺骨送還の4項目に合意し、こうした内容を盛り込んだ文書に署名した。

合意文書に署名し握手する金委員長(左)とトランプ大統領=12日、シンガポール(聯合ニュース)

 声明は第1項で「米国と北朝鮮は平和と繁栄に向けた両国国民の願いに基づき、米国と北朝鮮の新たな関係を樹立することを約束する」とうたった。

 第2項は「両国は朝鮮半島の持続的かつ安定的な平和を構築するために共に努力する」、第3項は「2018年4月27日の(南北首脳会談の)板門店宣言を再確認し、北朝鮮は朝鮮半島の完全な非核化に向けた作業を行うことを約束する」とした。米国がこれまで要求してきた「完全で検証可能かつ不可逆的な非核化」(CVID)という表現は明記されなかった。

 第4項は「米国と北朝鮮は身元が確認された戦争捕虜、戦争行方不明者たちの遺骨をただちに送還することを含め、遺骨収集を約束する」とした。

tnak51@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。