Go to Contents Go to Navigation

文大統領 南北・朝米対話続けば「韓米演習の中止検討も」

記事一覧 2018.06.14 18:41

【ソウル聯合ニュース】韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は14日午後、青瓦台(大統領府)で開いた国家安全保障会議(NSC)全体会議で、北朝鮮が真摯(しんし)に非核化を実践し、敵対関係解消のための南北、朝米の誠実な対話が持続するのであれば、「板門店宣言で合意した相互信頼構築の精神に基づき、北に対する軍事的圧力について柔軟な変化が必要であり、韓米合同軍事演習(の中止)についても慎重に検討をする」との考えを示した。青瓦台が伝えた。

文在寅大統領は南北・朝米の対話が続けば韓米演習の中止を検討するとの意向を示した(青瓦台提供)=14日、ソウル(聯合ニュース)

 その上で文大統領は、具体的な内容について、米国と緊密に協議するよう指示したという。

 韓米合同軍事演習を巡ってはトランプ米大統領が12日の朝米(米朝)首脳会談後の記者会見で合同演習を中止すると発言し、波紋を呼んでいた。

yugiri@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。