Go to Contents Go to Navigation

南北スポーツ当局会談 18日板門店で開催へ=双方が代表団確定

記事一覧 2018.06.15 21:20

【ソウル聯合ニュース】韓国と北朝鮮は15日、アジア大会への合同参加などを協議するスポーツ当局会談に出席する代表団を確定した。同会談は18日午前10時から板門店の韓国側施設「平和の家」で開催される。

1990年の1月に北京アジア大会に参加する南北合同チームを構成するために行われたスポーツ当局の様子(資料写真)=(聯合ニュース)

 韓国統一部によると、韓国側は大韓体育会(韓国オリンピック委員会)の全忠烈(チョン・チュンリョル)事務局長を首席代表とし、統一部交流協力局社会文化交流課の金錫圭(キム・ソクキュ)課長、文化体育観光部体育局国際体育課のイ・ヘドン課長を代表団として派遣する。

 北朝鮮側からは元吉宇(ウォン・ギルウ)体育省次官を団長とし、パク・チョンチョン体育省局長、ホン・シゴン祖国平和統一委員会部長らが出席する予定。

 統一部当局者は「スポーツ当局会談では南北統一バスケットボール大会開催やアジア大会はじめとするスポーツ分野の交流協力問題を協議する」と説明した。 

 アジア大会への合同参加は4月27日の南北首脳会談で署名された「板門店宣言」に含まれたもので、南北は1日に開かれた閣僚級会談で18日にスポーツ当局会談を開くことで合意した。 

yugiri@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。