Go to Contents Go to Navigation

貿易企業の8割 「対北事業に参加の意向」=韓国

記事一覧 2018.06.17 15:58

【ソウル聯合ニュース】韓国の貿易企業10社のうち8社は、南北間の貿易が再開された場合に対北朝鮮事業に参加する意向があることが17日、分かった。

 韓国貿易協会の国際貿易研究院が1176社を対象に行った「南北交易に対する貿易業界の認識調査」の結果によると、南北貿易が再開される場合に対北朝鮮事業に参加する意向があるとの答えた企業は80.0%に上った。

 参加を希望する理由として「一般貿易など新たなビジネスチャンスの模索」(36.1%)、「低賃金の労働力活用」(25.1%)、「道路、電気などインフラ開発関連の事業参加」(12.5%)などを挙げた。

 有望な分野は「インフラ・建設・資源」との回答が35.1%で最も多かった。次いで「電気・電子・通信・機会」(17.3%)、「観光」(15.3%)、「繊維・衣類・生活用品」13.5%、「鉄鋼・金属・化学製品」(10.6%)、「農林水産業およびその他」(8.1%)の順だった。

 一方、対北朝鮮事業に参加する考えがないと答えた企業はその理由として「事業に必要な情報と教育の不足」(22.0%)、「北の当局の統制および干渉」(18.6%)、「政府の対北経済政策の変化」(13.7%)、「米国、国連など国際社会の対北制裁」(11.6%)、「保険や紛争解決など被害救済の難しさ」(10.0%)などを挙げた。

hjc@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。