Go to Contents Go to Navigation

金正恩氏 自身の専用機で3度目の訪中=習近平氏と会談へ

記事一覧 2018.06.19 16:51

【北京聯合ニュース】北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長(朝鮮労働党委員長)が19日に中国を訪問する際、自身の専用機「チャムメ(オオタカ)1号」を利用したことが確認された。

北京空港を出る金委員長の専用車とみられる車=19日、北京(聯合ニュース)

 金委員長は中国で習近平国家主席と会談し、シンガポールで12日に開いた朝米(米朝)首脳会談の結果を巡り協議するとみられる。非核化に関する今後の朝米交渉で制裁緩和などを取り付けるため、中国の助力を要請する目的があるとの見方も一部で出ている。

 中国国営中央テレビ(CCTV)は19日、金委員長が同日から20日まで中国を公式訪問すると伝えた。金委員長の最高指導者としての訪中は3度目で、今年3月に北京、5月に遼寧省大連でそれぞれ習主席と会談した。短期間での連続訪中が注目を集めている。

 イリューシン62M型機のチャムメ1号と金委員長が国内視察用に使う高麗航空の特別機(アントノフ148型機)1機、朝米首脳会談の際に金委員長の専用車などを運んだ輸送機(イリューシン76型機)1機は19日午前、北京空港に相次いで到着した。

 3機のうち輸送機が一番早く午前8時40分(現地時間)ごろ到着し、次いで高麗航空特別機が9時半ごろ、チャムメ1号が10時ごろそれぞれ着陸した。

 チャムメ1号は金委員長が朝米首脳会談のためシンガポールを訪れた際、随行員らが乗った旅客機だ。このときと違い、金委員長は今回の訪中では同機に搭乗した。

 空港からはVIP用車両2台と乗用車約10台、ミニバス約10台が出発し、金委員長が大規模な代表団を率いて訪中したことをうかがわせた。金委員長の妹の金与正(キム・ヨジョン)党第1副部長、金英哲(キム・ヨンチョル)党副委員長ら、朝米会談に随行した側近らが多数同行している可能性がある。

tnak51@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。