Go to Contents Go to Navigation

南北国防相会談「近く開催」 黄海の平和海域化など議論へ=韓国統一相

記事一覧 2018.06.19 16:53

【ソウル聯合ニュース】韓国の趙明均(チョ・ミョンギュン)統一部長官は19日、大統領直属機関の民主平和統一諮問会議がソウル市内のホテルで開いた行事で特別講演を行い、南北国防相会談を近く開催する考えを明らかにした。

趙明均長官(資料写真)=(聯合ニュース)

 趙長官は講演で、「非武装地帯(DMZ)を平和地帯化し、黄海上の軍事境界線にあたる北方限界線(NLL)で続いている軍事的衝突を恒久的に防止できるよう、黄海地域を平和水域化する問題を議論する国防相会談を近く開催する見通しだ」と述べた。

 南北国防相会談は2007年11月を最後に開かれていない。14日に行われた南北将官級軍事会談でも国防相会談の開催について議論されたが、合意に至らなかったと伝えられた。

 また、趙長官は北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長(朝鮮労働党委員長)が19日に中国を訪れたことと関連し、中国が朝米(米朝)首脳会談の過程で朝鮮半島問題における中国の立場や役割を世界に示した側面があると説明した。

 その上で「実務的に解決しなければならない課題があるが、今回の朝米首脳会談の過程と結果を通じて、直接関与した米国、北、われわれ(韓国)、中国のすべてが相当肯定的な要素を確保した」とし、「今後の朝鮮半島の非核化プロセス、朝鮮半島の平和プロセス、朝米関係の正常化が引き続き推進される動力が確保された」と強調した。

ynhrm@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。