Go to Contents Go to Navigation

日本が新たな歴史刻む W杯でアジア勢初の南米撃破

記事一覧 2018.06.20 10:44

【ソウル聯合ニュース】サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会1次リーグH組の日本は19日、サランスクのモルドビア・アリーナで行われた初戦で、格上のコロンビアを2―1で下す大番狂わせを演じ、アジアサッカー界に新たな歴史を刻んだ。

PKで先制ゴールを決めた香川=(AFP=聯合ニュース)

 W杯でアジア勢が南米チームに勝利したのは史上初めて。これまでアジアチームと南米のチームの対戦成績は3分け14敗で、圧倒的な劣勢だった。

 アジアチームで初めてW杯に出場したのはインドネシアだ。1938年のフランス大会に出場し、初戦のハンガリー戦で0-6で大敗した。

 アジアと南米の初対戦は1966年イングランド大会だった。北朝鮮はチリと1-1で引き分け、アジア勢として初めて1次リーグを突破。イタリアを1-0で下し、ベスト8入りを果たした。

 その後、1994年の米国大会で、韓国がボリビアと0-0で引き分けるまで、アジア勢は南米に負け続けた。強靭(きょうじん)な体力とメンタルだけを強調してきたアジアサッカーは個人技のある南米勢に苦戦してきた。

 日本の今回の快挙はアジアサッカーの存在感と潜在能力を、世界に示したと言えそうだ。

csi@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。