Go to Contents Go to Navigation

仮想通貨の交換業者大手がハッキング被害 韓国ビットサム

記事一覧 2018.06.20 11:45

【ソウル聯合ニュース】韓国の仮想通貨交換業者最大手ビットサムは20日、ハッキングにより、同社が保有していた350億ウォン(約35億円)相当の仮想通貨が盗難にあったことを公表した。ホームページを通じ、顧客に仮想通貨の入出金のサービスを中断すると通知した。

 ビットサムによると、会員の資産はすでに、ネットワークに接続されていない安全な「コールドウォレット」などに移されている。

 同被害を受け、ビットコインが24時間前と比べ4.25%値下がりするなど、仮想通貨が一斉に下落している。

ビットサム相談センターのサーバー(資料写真)=(聯合ニュース)

mgk1202@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。