Go to Contents Go to Navigation

W杯メキシコ戦観戦の文大統領 韓国選手と同じ赤いユニホーム着用

記事一覧 2018.06.21 16:54

【サンクトペテルブルク聯合ニュース】21日からロシアを訪問する文在寅(ムン・ジェイン)韓国大統領は、23日午後6時(日本時間24日午前0時)から行われるサッカー・ワールドカップ(W杯)ロシア大会1次リーグF組の第2戦、韓国対メキシコ戦をロストフナドヌーの試合会場で応援する。韓国代表チームの選手団長を務めるチェ・ヨンイル大韓サッカー協会副会長によると、文大統領は韓国の選手と同じ赤いユニホームを身に着け、試合後は選手をねぎらう予定だという。

昨年6月、文大統領(右)は国際サッカー連盟(FIFA)のインファンティノ会長から自身の名前入りユニホームを贈られた(資料写真)=(聯合ニュース)

 都鍾煥(ト・ジョンファン)文化体育観光部長官や禹潤根(ウ・ユングン)駐ロシア大使らも文大統領と共に観戦する予定だ。

 韓国大統領がW杯の試合を会場で観戦するのは、韓日共催となった2002年大会当時の金大中(キム・デジュン)大統領以来。海外で行われるW杯で韓国代表の試合を観戦するのは文大統領が初となる。

 今大会、韓国は初戦でスウェーデンに敗れ黒星スタートとなった。メキシコ戦は非常に大事な一戦となる。

tnak51@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。