Go to Contents Go to Navigation

共働き夫婦の割合が約45%に減少 雇用悪化が影響=韓国

記事一覧 2018.06.21 20:20

【世宗聯合ニュース】雇用情勢が悪化している韓国で共働き夫婦の割合が4年ぶりに減少したことが21日、統計庁が公開した報告書で明らかになった。

 調査によると昨年、1222万4000組の夫婦のうち、共働き夫婦の割合は44.6%で前年比0.9ポイント減った。

雇用情勢悪化の影響を受け、共働き夫婦の割合が4年ぶりに減少した(コラージュ)=(聯合ニュース)

 共働き夫婦の割合は2013年42.9%、14年43.9%、15年43.9%、16年45.5%と増加傾向にあった。

 当局は共働き夫婦の割合が減少した理由について、雇用情勢の悪化の影響を受けたためとみている。

 また報告書によると、子どもがいる共働き夫婦の場合、妻は夫より1週間当たり労働時間が約12時間短いことが分かった。

 17歳以下の子どもがいる共働き夫婦の1人当たりの1週間の労働時間は昨年、平均42.4時間で16年より0.1時間減った。このうち、夫の労働時間は46.7時間で妻のより8.6時間長かった。

 子どもがいる共働き夫婦のうち、夫と妻の労働時間の差が最も大きかったのは6歳以下の子どもがいる夫婦で、11.7時間の差があった。

yugiri@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。