Go to Contents Go to Navigation

自動出入国審査 導入10年で1億人利用=韓国

記事一覧 2018.06.22 13:00

【ソウル聯合ニュース】韓国法務部は22日、2008年6月に自動出入国審査システムを導入してから10年で利用者が1億人を突破したと伝えた。

出入国審査の自動化ゲート(資料写真)=(聯合ニュース)

 審査官と対面せずに旅券や指紋、顔情報などを活用して出入国審査を行う自動化ゲートは、08年6月に仁川国際空港に20台が初めて設置され、昨年末現在、全国8カ所の空港・港湾で169台が運営されている。

 法務部は、自動出入国審査の利用者がこの3年間に毎年40%以上ずつ増加したと説明した。

 昨年は出入国者全体の30.6%に当たる2460万人が自動出入国審査を受け、そのうち韓国人は全人口の44.5%に当たる2381万人に上った。法務部は、昨年3月から事前登録なしに自動化ゲートを通過できるようになったことで、利用者が大きく増加したと分析した。

ynhrm@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。