Go to Contents Go to Navigation

韓国 国際医薬品購入ファシリティー理事会で独自議席確保

記事一覧 2018.06.22 15:30

【ソウル聯合ニュース】韓国外交部は22日、途上国におけるエイズ、結核、マラリアの治療普及を支援する国際機関、国際医薬品購入ファシリティー(UNITAID)の執行理事会で独自議席を確保することになったと伝えた。

外交部(資料写真)=(聯合ニュース)

 外交部によると、フランスで20~21日(現地時間)に開かれた同機関の執行理事会で、韓国のこれまでの貢献を認め、理事会内で韓国が受任している理事職を従来の「アジア国家代表」から「韓国代表」に変更することを決めたという。

 外交部は「決定により、韓国は機関を設立した5カ国の理事国(フランス、英国、ノルウェー、ブラジル、チリ)と同じ独自議席を理事会内で得ることになり、完全に韓国の立場から理事会活動に参加できる基盤を築いた」と説明した。

 2006年に設立された同機関は、エイズ、結核、マラリアの医薬品や医療機器市場に介入し、薬と機器の価格引き下げ、品質向上などを促進している。

tnak51@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。