Go to Contents Go to Navigation

韓国のODA予算 来年は14.6%増額

記事一覧 2018.06.22 15:27

【ソウル聯合ニュース】韓国政府は22日、国際開発協力委員会を開き、各機関の政府開発援助(ODA)事業を盛り込んだ「2019年国際開発協力総合施行計画」を議決した。

政府ソウル庁舎で開かれた国際開発協力委員会の様子=22日、ソウル(聯合ニュース)

 政府は来年度(2019年1~12月)のODA予算として3兆4922億ウォン(約3462億円)を編成する方針を決めた。今年に比べ4440億ウォン(14.6%)増額された。予算額は政府の予算編成および国会の予算審議を経て確定される。

 来年度ODA予算の約65%に当たる2兆2581億ウォンは開発途上国の自立の基盤作りに割り当てられる。

 また、人道的危機への対応に向け韓国産コメ5万トン(460億ウォン相当)をはじめ、1545億ウォンを支援する。

 地域別の援助規模はアジアが全体の39.0%を占め最も多く、次いでアフリカが20.6%。分野別では交通(14.5%)、保健(12.6%)、教育(10.2%)などの順となっている。

hjc@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。