Go to Contents Go to Navigation

韓ロ首脳が共同声明 南北ロの鉄道連結研究など合意

記事一覧 2018.06.22 22:51

【ソウル聯合ニュース】韓国とロシアはシベリア鉄道と朝鮮半島縦断鉄道(TKR)の連結に関する共同研究を続けることにした。9月の東方経済フォーラムで文在寅(ムン・ジェイン)大統領が提案した「九つの橋」事業を具体化するため「九つの橋行動計画」を用意することで合意。サービス・投資分野における自由貿易協定(FTA)締結交渉の早期開始についても努力することで一致した。国賓としてロシアを訪問している文大統領は22日(現地時間)午後、プーチン大統領と会談し、このような内容を盛り込んだ32項目からなる共同声明を発表した。

握手を交わす文大統領(左)とプーチン大統領=22日、モスクワ(聯合ニュース)

 声明では韓国、北朝鮮、ロシアの3者協力事業進展のための共同研究の必要性を認識し、電力・ガス・鉄道分野の共同研究のために協力する方針を示した。

 朝鮮半島内の大規模インフラプロジェクトの実現は北東アジアの平和と繁栄に寄与するとの共通認識に基づき、韓国、ロシア、欧州を結ぶ鉄道の構築に対する関心を確認し、「友好的条件」が確保され次第、極東沿海地方ハサンと北朝鮮北東部の羅津港を結ぶ鉄道の共同活用を含む多様な鉄道事業で協力する内容も盛り込まれた。

 朝鮮戦争の終戦宣言と休戦協定の平和協定への転換が実現する過程で北朝鮮に対する制裁が解除されれば、直ちに南北とロシアによる鉄道連結事業に着手するとの意向を示したものと受け止められる。

 声明ではロシア産天然ガスの韓国への供給拡大を促進するため、共同研究を続け、電力についても両国を含む北東アジアの電力網連結のために協力する姿勢を確認した。

 また、文大統領が提案したガス・鉄道・電力・港湾インフラ・北極海航路・造船・雇用創出・農業・水産の9分野を示す「九つの橋」への投資プロジェクトを策定し履行を管理するため、「九つの橋行動計画」を策定する計画を表明した。

 サービス・投資分野のFTA締結交渉を早急に開始するための努力をすることで一致する一方、貿易障壁の撤廃の重要性を認識し、両国の貿易自由化の条件に対する議論を続けることで合意した。

 朝鮮半島情勢については、プーチン大統領が朝鮮半島の恒久的平和と繁栄のための韓国の重要な役割を高く評価し、板門店宣言の採択を歓迎する立場を表明。文大統領は朝鮮半島問題の解決を目指すロシアの建設的な役割を高く評価した。

 両首脳は朝米(米朝)首脳会談の結果を歓迎し、会談での合意事項が朝鮮半島の完全な非核化と恒久的平和の定着に寄与するとの期待を表明するとともに、完全な非核化の達成と朝鮮半島と北東アジアの恒久的平和・安定を確保するための共同努力を続けることにした。

 文大統領はプーチン大統領の訪韓を要請。プーチン大統領は受諾した。

yugiri@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。