Go to Contents Go to Navigation

金鍾泌元韓国首相が死去 日本とも太いパイプ=92歳

記事一覧 2018.06.23 10:30

【ソウル聯合ニュース】韓国政界重鎮の金鍾泌(キム・ジョンピル)元首相が23日午前、老衰のため死去した。92歳だった。金元首相側の関係者が伝えた。

金鍾泌元首相(資料写真)=(聯合ニュース)

 病院側の関係者によると、金元首相はこの日午前、ソウル市内の自宅から病院に救急車で移送されたが、すでに亡くなっていた。

 1926年生まれ。ソウル大や陸軍士官学校を卒業した。63年に国会議員に初当選し、計9期務めた。

 朴正煕(パク・チョンヒ)、金大中(キム・デジュン)政権でそれぞれ首相を努めた。

 金泳三(キム・ヨンサム)・金大中元大統領と共に「三金時代」を築き、「風雲の政治家」と呼ばれた。初代韓日議員連盟会長を務めるなど日本と太いパイプがあったことでも知られる。

csi@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。