Go to Contents Go to Navigation

文大統領「W杯南北共催、徐々に現実に」 FIFA会長との会談で

記事一覧 2018.06.24 15:44

【ソウル聯合ニュース】ロシア訪問中の24日未明(日本時間)にサッカー・ワールドカップ(W杯)ロシア大会1次リーグの韓国―メキシコ戦を観戦した文在寅(ムン・ジェイン)大統領は競技場で国際サッカー連盟(FIFA)のインファンティノ会長と会談し、W杯の南北共同開催に改めて期待を示した。

握手を交わす文大統領(右)とインファンティノ会長=24日、ロストフナドヌー(聯合ニュース)

 文大統領はインファンティノ氏が昨年6月に訪韓した際、W杯の南北共催について言及している。この日は「初めて会った際(昨年6月)に南北共催について話したが、徐々に現実になってきた」と話しかけた。

 これに対しインファンティノ氏は「今から準備が必要だ」と述べた上で、「大統領からの招きがあれば、いつでも(韓国に)行く」と応じた。

 インファンティノ氏は南北共催について、「1年前には実感できなかった」と振り返りながら「この間にさまざまな出来事があった。多くのことを成し遂げた大統領をみんなが愛している」と述べた。

sarangni@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。