Go to Contents Go to Navigation

米国で開催の韓流イベント「KCON NY」盛況 5万3千人動員

記事一覧 2018.06.25 12:00

【ニューヨーク聯合ニュース】韓国の総合コンテンツ大手CJ E&Mが2012年から世界各地で行っている韓流文化イベント「KCON」が、23~24日(米東部時間)に米ニュージャージー州ニューアークで開催された。

「KCON」でのK-POPコンサート(CJ E&M提供)=(聯合ニュース)

 今回の「KCON 2018 NY(ニューヨーク)」は、ファン参加型の野外コンベンションプログラムと韓国のトップアイドルが出演したコンサートの二つのパートで構成され、現地の韓流ファンを中心に5万3000人が集まった。

 入場客は昼間にはファンミーティング、振り付け講座、韓国文化討論、Kビューティー体験、韓国料理体験などのプログラムに参加し、夜は人気アイドルグループが出演するK-POP公演に熱狂した。

 1万2000席のK-POPコンサート会場を2日間にわたり埋めたファンらは、ステージ上のアイドルの一挙手一投足に歓呼した。

 KCONが米国内で韓流のファン層を広げたことで、グローバル企業の参加も年々増加している。

 トヨタ自動車は5年連続でスポンサーとして参加しており、昨年のイベントは通販サイトのアマゾンと米AT&Tが後援した。

 米アップルのコンテンツ配信サービス、アップルミュージックはKCONでのコンサートに出演した歌手の曲が聴ける「KCONプレイリスト」機能を新設し、SNS(交流サイト)のTumblrとKwaiは、K-POPや韓国ドラマ、Kビューティーなど韓流関連の写真や映像をSNSにアップすると抽選でKCONのチケットが当たるイベントを実施した。

 米音楽専門メディアのビルボードは、イベント現場の映像を公式SNSアカウントで生中継した。

 CJ E&Mは「KCONに参加する観客のうち、24歳以下が70%を超えると集計されている」とし、「グローバル企業が参加するのはKCONが北米地域で『Z世代』に向けた影響力のある大衆文化プラットフォームとして浮上したためだ」と説明した。「Z世代」とは、1990年代半ばから2000年代初頭に生まれた「デジタルネーティブ」世代を指す。

 米ニューヨーク・タイムズは22日付の「『KCON2018』で観るべき五つのK-POP公演」との記事でHeize(ヘイズ)、Red Velvet(レッドベルベット)、SUPER JUNIOR(スーパージュニア)、EXID(イーエックスアイディー)、Wanna One(ワナワン)を紹介した。

 同紙は、KCONはK-POPスターとファンが近付くイベントだとし、12年にロサンゼルスで初開催され、世界を股にかける使節団として急激に成長したと評した。

 また、韓国歌手として初めてビルボードのアルバムチャートでトップに立った人気グループ、防弾少年団(BTS)が14年にロサンゼルスで開かれたKCONに参加したことを紹介した。

 KCONは12年から北米、アジア、中東、中南米、オセアニアで計18回開催された。

 米国ではニュージャージーやロサンゼルスなどで10回開催され、観客動員数は延べ68万人に上る。

 CJ E&Mは、今回のKCONに続き、8月10~12日にはロサンゼルスで「KCON 2018 LA」を開催する予定だ。

 同社は「3月に米経済専門誌フォーブスが、米国でK-POPの人気が長続きする秘訣(ひけつ)として挙げた要因の一つにCJ E&Mを選んだ」とし、「これはK-POPに始まりビューティー、飲食など韓流を世界に拡散させてきた努力を認めたものだ」と強調した。

ynhrm@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。