Go to Contents Go to Navigation

大学生が働きたい企業 CJ1位・ネイバー2位=韓国

記事一覧 2018.06.25 14:26

【ソウル聯合ニュース】韓国の大学生が働きたい企業の1位に、今年はCJが選ばれた。韓国の就職情報サイトのインクルートが25日、就職活動中の大学生1100人を対象に最近実施したアンケートの結果を発表した。

インクルートが発表したアンケート結果=(聯合ニュース)

 CJが6.2%の得票率でトップに立ち、ネイバーが5.7%で2位、サムスン電子と韓国電力公社がそれぞれ4.6%で3位タイだった。仁川国際空港公社(4.4%)、アモーレパシフィック(3.3%)、LG、新世界、韓国空港公社(各2.4%)、アシアナ航空(2.2%)がトップ10に入った。

 インクルートは「CJグループはCJ E&M(コンテンツ)やCJ第一製糖(食品)などの主要企業が常に上位にあったが、CJのトップ10入りは8年ぶり」と説明した。また、今年は公企業の躍進も目立ったという。雇用の安定性を求め、公企業を好む傾向が強まっていると分析される。

 ネイバーは15年と16年に連続1位、今年も2位と、変わらず高い人気を得ている。サムスン電子はインクルートの調査が始まった04年から13年まで連続1位を保ってきた。

 一方、昨年の調査で1位だったポスコは今年、トップ10から外れた。14年に1位だった大韓航空は15年に同業のアシアナ航空に抜かれ、昨年に続き今年もトップ10圏外だった。

mgk1202@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。