Go to Contents Go to Navigation

南北が鉄道・道路・山林協力の分科会 26日から順次

記事一覧 2018.06.25 14:03

【ソウル聯合ニュース】韓国と北朝鮮は「東海線・京義線の鉄道・道路連結および近代化事業」に向け、鉄道協力に関する分科会を26日に、道路協力の分科会を28日に、それぞれ開く。また、山林協力に向けた分科会も7月4日に開催する。韓国統一部が25日、明らかにした。南北は1日の閣僚級会談で、これらの分科会を6月末に進めることで一致していた。

南北が鉄道、道路、山林協力に関する分科会を開く(コラージュ)=(聯合ニュースTV)

 鉄道協力の分科会は、軍事境界線がある板門店の韓国側施設「平和の家」で開かれる。韓国から金正烈(キム・ジョンリョル)国土交通部第2次官ら3人、北朝鮮から金潤革(キム・ユンヒョク)鉄道省次官ら3人が出席する予定。

 道路協力の分科会は板門店の北朝鮮側施設「統一閣」で行う。韓国は鉄道協力の分科会と同じく金次官が率いるが、北朝鮮はパク・ヨンホ国土環境保護省次官が団長を務める。

 山林協力の分科会は、韓国は柳光守(リュ・グァンス)山林庁次長が首席代表、北朝鮮は金城浚(キム・ソンジュン)国土環境保護省副総局長が団長として出席する。会場は協議中という。

 南北はこれまでに、軍事的な緊張緩和策を話し合う将官級軍事会談、スポーツ交流に関するスポーツ当局会談、人道的な事案を扱う赤十字会談を開いてきた。新たな分科会の開催は、協議の対象が経済協力へと広がることを意味する。

 ただ、北朝鮮への制裁は解除されておらず、本格的な経済協力はまだ先のことになりそうだ。今回の分科会はひとまず、実態調査や共同研究などに対する話し合いに限定されるとみられる。

 統一部当局者は「鉄道、道路、山林協力の分科会を通じ(南北首脳が署名した)板門店宣言の履行案を忠実に協議し、南北関係の持続可能な発展と朝鮮半島の恒久的な平和定着の土台を築いていく」と述べた。

mgk1202@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。