Go to Contents Go to Navigation

韓国 きょうのニュース(6月25日)

記事一覧 2018.06.25 18:00

◇平和と民族繁栄へ「真っすぐ進む」 朝鮮戦争68年式典で韓国首相

 朝鮮戦争の勃発から68年を迎えた25日、韓国の李洛淵(イ・ナクヨン)首相は政府主催の式典のあいさつで、朝鮮半島を巡っては昨年末まで戦争への不安が漂っていたが、今では恒久的な平和定着が模索されているとし、「今年2度の南北首脳会談と史上初の朝米(米朝)首脳会談により、朝鮮半島の非核化と平和体制確立にエンジンがかかった。こうした大転換を中国、日本、ロシアも支持している」と述べた。その上で、「どんな難関が生じても、信念と根気をもって朝鮮半島における平和定着と民族の共同繁栄に向け真っすぐ進みたい」と強調した。

式典であいさつする李洛淵首相=25日、ソウル(聯合ニュース)

◇金鍾泌元首相に最高勲章 文大統領は葬儀参列せず

 青瓦台(大統領府)の金宜謙(キム・ウィギョム)報道官は記者会見で、23日に死去した金鍾泌(キム・ジョンピル)元首相に国民勲章の最高位「無窮花章」を贈る方針を明らかにした。ただ、文在寅(ムン・ジェイン)大統領は葬儀などに参列しないという。勲章授与を巡っては、故人が1961年に起こった軍事クーデターの中心人物の一人だったことなどから、反対の声も上がっている。

◇米国政府 北朝鮮に「非核化タイムライン」提示か 

 ロイター通信は、米国政府が朝米首脳会談の後続措置として、間もなく北朝鮮非核化のための特定の要求事項が含まれたタイムライン(予定表)を提示する見通しだと報じた。同通信は、今週のマティス米国防長官のアジア歴訪では、朝米首脳会談以降の北朝鮮非核化に関する議論、韓米合同軍事演習の中止などが最大の議題になると分析した。マティス氏は中国訪問後、28日午後に韓国入りして韓米国防相会談を行ってから、29日に日本を訪問する予定。

◇W杯 1次リーグ敗退濃厚の韓国代表に非難の声

 サッカー・ワールドカップ(W杯)ロシア大会1次リーグで2連敗を喫し、1次リーグ敗退が濃厚となった韓国代表に対してネット上で批判が高まっている。大韓サッカー協会の責任論や韓国のサッカーインフラ改善を求める建設的な意見もあるが、今大会では特定の選手やその家族に対する度を越した書き込みが相次ぎ、選手らは心を痛めている。韓国代表は、27日午後11時(日本時間)からドイツとの1次リーグ最終戦に臨む。

◇あす全国的に梅雨入り 首都圏で大雨も

 韓国は26日梅雨入りし、全国的に大雨となりそうだ。未明に南西部・全羅南道沖で降り始めた雨は全国に広がり、26日から27日にかけての降水量はソウル・京畿道・江原道嶺西地方で30~80ミリ、多いところでは120ミリ以上と予想される。気象庁は1時間に30ミリ以上の非常に強い雨や落雷が予想されるとして、施設管理に注意するよう呼びかけた。

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。