Go to Contents Go to Navigation

大統領府の経済・雇用首席秘書官を交代 政策てこ入れ=文政権

記事一覧 2018.06.26 13:27

大統領府の経済・雇用首席秘書官を交代 政策てこ入れ=文政権

ロシア訪問終え帰国

【ソウル聯合ニュース】韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は26日、経済政策に携わる青瓦台(大統領府)首席秘書官を同時に交代させる人事を実施した。昨年5月の就任以降、たびたび提起された雇用を中心とする経済政策への批判を受け入れて責任者を問責し、経済政策のてこ入れを図る姿勢を示したと受け止められる。

FIFA会長と面会
左から尹ジョン源氏、鄭泰浩氏、李庸ソン氏=26日、ソウル(聯合ニュース)
文大統領もW杯応援
モスクワで基調演説

 任鍾ソク(イム・ジョンソク)大統領秘書室長は記者会見で、文政権の青瓦台秘書室第2期の人事を発表した。

文大統領 ロシアに到着

 経済首席秘書官は洪長杓(ホン・ジャンピョ)氏から尹ジョン源(ユン・ジョンウォン)経済協力開発機構(OECD)代表部大使(57)に、雇用首席秘書官は潘長植(パン・ジャンシク)氏から鄭泰浩(チョン・テホ)政策企画秘書官(55)にそれぞれ交代させる。

 尹ジョン源氏は李明博(イ・ミョンバク)政権で企画財政部の経済政策局長や青瓦台の経済金融秘書官を歴任した。鄭泰浩氏は盧武鉉(ノ・ムヒョン)政権で青瓦台の政務秘書官や報道官を務めた。政策企画秘書官からの昇進となる。

 任鍾ソク氏は経済と雇用担当の首席秘書官を同時に入れ替えた意味について、「この1年は所得主導成長、革新成長、公正経済という文在寅政権の政策方向を確立する期間だった」とし、「青瓦台は今後、所得主導成長と革新成長を一段とスピード感を持って進め、国民が実感できる成果を迅速に出せるよう最善を尽くす」と説明した。

 文大統領はあわせて、社会革新首席秘書官を河勝彰(ハ・スンチャン)氏から市民運動団体出身で与党・共に民主党のソウル陽川乙地域委員長を務める李庸ソン(イ・ヨンソン)氏(60)に交代させ、名称を市民社会首席秘書官と改めた。

tnak51@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。