Go to Contents Go to Navigation

韓国・新世界がブティックホテル 明洞付近に来月オープン

記事一覧 2018.06.26 15:27

【ソウル聯合ニュース】韓国財閥の新世界グループは26日、系列の新世界朝鮮ホテルが初の独自ブランドホテルを来月19日にソウルの繁華街・明洞付近にオープンすると伝えた。

 オープンするのはアーバン・フレンチ・スタイルのブティックホテル「L’Escapeホテル」。独自ブランドホテルは鄭溶鎮(チョン・ヨンジン)グループ副会長が意欲的に取り組む新事業で、フランス・パリをモチーフに20~40代をターゲットにしたブティックホテルを追求している。

 ブティックホテルは規模が比較的小さく、ユニークで個性的な建築デザインやインテリア、コンセプト、サービスを売りとし、独特のコンテンツや目新しい経験を提供することに焦点を当てたホテル。ライフスタイルホテルとも呼ばれる。

 ホテル名はフランス語の定冠詞(Le)と脱出(Escape)の合成語で、「日常からの甘い脱出を夢見る」という意味を込めた。

 客室デザインは19世紀フランスの貴族社会にインスピレーションを得て、エレガントかつクラシカルに仕上げた。色彩の強い感覚的なインテリアも印象的だ。中国などアジアの個人旅行客を主な宿泊客と見込む。

 地上25階建てで、客室204室のほかモダン・チャイニーズ・レストラン、コンテンポラリー・レストラン、ティーサロン、カフェ、最上階のバー、フィットネスジム、スパ、イベントルームなどさまざまな付帯施設を備える。

tnak51@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。