Go to Contents Go to Navigation

韓国 けさのニュース(6月27日)

記事一覧 2018.06.27 10:38

◇南北が鉄道事業で協力へ 約10年ぶりの再開

 韓国と北朝鮮は26日、鉄道連結などに関する分科会議を開き、南北を結ぶ東海線・京義線鉄道の近代化に向けた共同研究調査団を発足させ、7月中旬から北朝鮮側区間に対する共同現地調査を始めることなどを盛り込んだ共同報道文に合意した。鉄道分野での南北協力がほぼ10年ぶりに再開することになる。

分科会議終了後、握手を交わす南北の代表(写真共同取材団)=26日、板門店(聯合ニュース)

◇与党党員らの世論操作事件 特別検察官が捜査開始

 文在寅(ムン・ジェイン)大統領から任命された特別検察官のチームは27日、与党「共に民主党」党員らによるインターネット上での世論操作事件の捜査を正式に開始する。特別検察官は政府から独立して活動する。最長90日間の捜査が可能。文大統領の腹心も含め、与党幹部が捜査対象となる可能性が高いとされ、捜査の行方が注目される。

◇ソウル中心部の一部の車道 制限速度引き下げ

 ソウル市は27日、市の中心部、鍾路の車道(世宗路交差点から興仁之門交差点までの2.9キロ)の制限速度を従来の60キロから50キロに引き下げた。市は前日までに、走行速度を抑えるための表示など交通安全施設を設置した。

◇居酒屋など苦戦 消費の冷え込みなど響く

 統計庁のサービス業動向調査によると、飲食店のうち飲酒できる店の4月の生産指数が、統計が始まった2000年以降、4月としては最も低い数値を記録した。前年同月比の生産指数は12カ月連続で下落している。消費の冷え込みや飲酒文化の変化などが影響を与えた。

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。