Go to Contents Go to Navigation

韓国 きょうのニュース(6月27日)

記事一覧 2018.06.27 18:00

◇韓進グループ会長をあす取り調べ 脱税容疑などで検察

 韓国のソウル南部地検は27日、大韓航空を中核とする財閥、韓進グループの趙亮鎬(チョ・ヤンホ)会長を28日午前9時半に出頭させ、相続税脱税などの容疑で取り調べると伝えた。南部地検は、ソウル地方国税庁が趙氏を脱税容疑で告発したことを受け、企業・金融犯罪担当部署で捜査を進めてきた。趙亮鎬氏の一家を巡り、検察は横領や背任の容疑でも捜査しており、これらの疑いについても趙氏を追及するとみられる。

趙亮鎬氏=(聯合ニュースTV)

◇北朝鮮の反米行事「動向なし」 統一部

 韓国統一部の白泰鉉(ペク・テヒョン)報道官は27日の定例会見で、北朝鮮の反米行事について「今年は現在まで関連する動向がないと把握している」と明らかにした。北朝鮮は、朝鮮戦争が勃発した6月25日(1950年)から休戦協定が締結された7月27日(53年)までの約1カ月間を反米闘争共同月間として指定し、さまざまな反米行事を行ってきた。白報道官は「昨年にも平壌市で反米行事が行われたとの報道もあった」としながら、「今年の南北首脳会談、朝米(米朝)首脳会談での合意事項が支障なく履行されると期待する」と述べた。

◇銀行の金利操作疑惑 金融監督院が点検に着手

 銀行がローンの金利を不当に高く計算したとの疑惑を巡り、金融監督院は慶南銀行、KEBハナ銀行、韓国シティ銀行に対して集中点検を行い、事件の経緯を確認している。金融業界によると、1万2000件のローン金利が過大に算定された慶南銀行は、全165店のうち半分以上の100店前後でこのような問題が発生したとされる。各銀行は故意ではないとしているが、金融監督院は内部統制に深刻な問題があるとみて、ほかの地方銀行にも自主点検を行って報告するよう指示した。

◇金鍾泌元首相告別式しめやかに 中曽根元首相の弔辞も

 23日に死去した韓国の金鍾泌(キム・ジョンピル)元首相の告別式が27日午前、ソウル峨山病院でしめやかに営まれた。告別式には姜昌熙(カン・チャンヒ)元国会議長、李漢東(イ・ハンドン)元首相、最大野党「自由韓国党」の国会議員ら約250人が参列した。中曽根弘文参院議員も参列し、故人の長年の友人で父の中曽根康弘元首相の弔辞を代読した。

◇奇跡起こるか サッカー韓国代表が独と最終戦

 サッカー・ワールドカップ(W杯)ロシア大会1次リーグF組の韓国は、27日午後11時(日本時間)から最終戦のドイツ戦に臨む。韓国はスウェーデン戦に続きメキシコにも敗れたが、ドイツがスウェーデンに逆転勝ちしたことでベスト16進出に望みをつないだ。韓国がドイツとの最終戦で2点以上の差をつけて勝ち、メキシコがスウェーデンを下せば16強入りの可能性が残っている。

◇朝米首脳会談から2週間 非核化交渉は先行き不透明

 史上初の朝米(朝米)首脳会談が開かれてから2週間が経つ中、米国と北朝鮮が水面下で激しい駆け引きを行うとの観測が出ているが、非核化のロードマップ(行程表)などを議論する朝米交渉の日程はいまだに「霧の中」だ。ポンペオ米国務長官はなるべく早期に訪朝すると言及したが、北朝鮮はポンペオ氏のカウンターパートとなる担当者すらも決めていない。このような中、朝米の高官級ラインを支える実務ラインがどのように決められるかも現在のところ未知数だ。

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。