Go to Contents Go to Navigation

北朝鮮人権担当の国連報告者 来月2日に訪韓

記事一覧 2018.06.28 09:21

【ソウル聯合ニュース】北朝鮮の人権問題を担当する国連のキンタナ特別報告者が7月2~10日、韓国を訪問する。国連が27日、明らかにした。

キンタナ氏(資料写真)=(聯合ニュース)

 キンタナ氏は滞在中、韓国政府の高官や市民団体、大韓赤十字社の関係者らと面会する。北朝鮮脱出住民(脱北者)とも面会する予定だ。10日午前に記者会見を開き、訪韓の結果を説明するという。

 国連によると、キンタナ氏は今回の訪韓について、「現在の非核化を巡る議論の議題に人権問題を盛り込むよう強調できる機会のため、意味がある」と説明。「人権を議題に盛り込むことは対話を持続可能にする方法であり、対話を阻害するものではない」とした。

 キンタナ氏の訪韓は2016年の就任後4回目。10月に国連総会に提出する報告書に訪韓の結果や勧告などを盛り込む。

kimchiboxs@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。