Go to Contents Go to Navigation

サムスンとアップルが特許訴訟で和解 7年の係争に終止符

記事一覧 2018.06.28 10:30

【ロサンゼルス聯合ニュース】スマートフォン(スマホ)のデザイン特許侵害を巡る訴訟で韓国のサムスン電子と米アップルが和解したと、ロイター通信と米ブルームバーグ通信が27日、報じた。7年越しの係争に終止符が打たれた。

サムスンとアップルは特許訴訟を続けてきた(コラージュ)=(聯合ニュース)

 ブルームバーグによると、米カリフォルニア州サンノゼの連邦地裁に提出された文書で和解の成立が明らかになった。和解条件など詳細は不明。

 サムスン電子とアップルの訴訟は2011年に始まった。アップルは当初、10億ドル(約1100億円)の賠償金を要求し、一審で決定した損害賠償額は9億3000万ドルだった。アップルは、サムスン電子がデザイン特許を侵害したスマホを販売し、23億ドルの売り上げと10億ドルの利益を得たと主張。一方のサムスン電子は賠償額算定の基準に異議を唱えた。

 米連邦最高裁判所は賠償額算定を巡るサムスンの主張を認め、差し戻し審が行われていた。サンノゼの連邦地裁陪審は今年5月、サムスンによるアップルのデザイン特許侵害を認め、5億3900万ドルの賠償をサムスンに命じていた。

tnak51@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。