Go to Contents Go to Navigation

駐留費負担協議で米譲らず 韓国に戦略兵器展開費用を要求 

記事一覧 2018.06.28 11:39

【ソウル聯合ニュース】2019年以降の在韓米軍駐留経費負担(思いやり予算)を巡る韓米の協議で、米国が戦略兵器の朝鮮半島展開費用に関し韓国の分担を要求する従来の主張を繰り返したことが28日、分かった。両国が26~27日に開いた第4回協議では、先ごろの朝米(米朝)首脳会議を機にした非核化交渉の絡みで韓米合同軍事演習の中止が決まったことから、米国の立場に変化があるか注目されていた。

ソウルで開かれた第4回協議の様子(資料写真)=(聯合ニュース)

 韓国の政府当局者によると、米国が戦略兵器の展開費用の分担を要求したのに対し韓国は、協議は在韓米軍の駐留経費に関するもので、戦略兵器問題は協議の対象でないとの立場をあらためて示した。

 また、米国は在韓米軍の縮小を現時点で計画していないとし、韓国に対する米軍の防衛公約は変わりなく強固であることを再確認したという。

 在韓米軍駐留費用のうち韓国側の負担金は、在韓米軍に勤務する韓国人の人件費、米軍基地内の施設建設費、軍需支援費などの名目で使用される。今年の韓国側の負担額は約9602億ウォン(約943億円)。

 在韓米軍地位協定(SOFA)は韓国が施設と敷地を無償で米国に提供し、米国は在韓米軍の維持に必要な全ての経費を負担すると定めている。ただ、両国は在韓米軍駐留経費負担に関する特別協定(SMA)を締結し、1990年代以降は米国が負担すべき在韓米軍維持費用の一部を韓国が負担してきた。

 現行の9回目の協定は今年12月31日に期限を迎えるため、19年から適用される新たな協定を年内に締結する必要がある。

mgk1202@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。