Go to Contents Go to Navigation

男子テニスの鄭現 ウィンブルドンで第26シード=韓国選手初

記事一覧 2018.06.28 16:54

【ソウル聯合ニュース】韓国のテニス男子の鄭現(チョン・ヒョン、世界ランキング22位)が7月2日に開幕するテニスの四大大会第3戦、ウィンブルドン選手権の男子シングルスで第26シードに入った。同大会の組織委員会が28日までに発表した。

鄭現=(AP=聯合ニュース)

 韓国選手が四大大会のシングルス本戦シードを獲得したのは初めて。

 このほか、男子シングルスはロジャー・フェデラー(スイス、世界ランキング2位)が第1シード、全仏オープン王者のラファエル・ナダル(スペイン、同1位)が第2シード、マリン・チリッチ(クロアチア、同5位)が第3シードとなった。

 世界ランキングで鄭より下位の錦織圭(同27位)は第25シードに入った。

ynhrm@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。